【和訳】Ishkabibble’s|Westside Gunn feat. Black Thought

Westside Gunn(ウェッサイガン)の新作「WHO MADE THE SUNSHINE(フーメイドザサンシャイン)」が10月2日にドロップ!

Ishkabibble’s(イシュカビブルズ)はアルバムの3曲目に位置していて、プロデュースはBeat Butcha(ビートブッチャー) & Daringer(デリンジャー)。同アルバムはBeat Butcha & Daringerがプロデュースの大半を占めている。

タイトル”Ishkabibble’s(イシュカビブルズ)”の意味は諸説あり、イディッシュ語で「心配ない」、ドイツ語で「慌てない」もしくは「己の恥じらい」など起源は様々言われているが、スラングとしては「気にしない」「どうでもいい」「別に」などといったニュアンスで使われることが多い。が、意味もない感じで使われることも多く、日本なら「マジ卍」といった具合の意味のなさのようだ。

ところで、この楽曲の歌詞は表現がおしゃれでグロ表現がほぼない。

”Monogram collar on the red poodle, Feds will do you filthy” レッドプードルの首輪のモノグラム。連邦政府はお前を汚す。

このバーは何かグロ表現が隠れているんじゃないかと思うんですが、レッドプードルの謎は解けず。もしわかる方いたらコメントもしくはツイッターでメッセージください。

Westside Gunnの楽曲和訳一覧はこちら

Black Thoughtの楽曲和訳一覧はこちら

Ishkabibble’s|Westside Gunn feat. Black Thoughtの歌詞和訳

[Intro: Westside Gunn]

Ayo

[Verse 1: Westside Gunn]

Over pots, it’s the overlord sittin’ on crates (Ah)

ポットの上、おんぼろ車に座る大君主

 

Half and half durags, sippin’ the quarter water

ハーフ&ハーフのドゥーラグを4分の1の水で飲む

durags:ドゥーラグ(飲むと言ってるのでドラッグと掛けてる)

 

Quarter in my socks, lord, and we rocked

靴下にはクオーターポンド。俺たちはロックした

 

We hopped up out the Porsche and torture (Skrrt)

ポルシェの外に飛び出して拷問

 

Hermès sport rocker, fiends actin’ like it’s a soap opera

エルメスのスポーツウェア、昼ドラのように演じる悪魔

soap opera:昼ドラ、連ドラ

 

“West, I’ma die, I need four dollars”, no problem

「ウェスト、俺は死ぬ。4ドル必要だ」問題ない

 

Bring back six, and two more niggas

6返して、あと2人連れてこい

 

Dior dealers, stashed about half in the floor in it (Ah)

ディオールのディーラーは床半分くらい隠した

 

Ain’t no business like raw business, S6 all tinted

未加工のビジネスはビジネスじゃねぇ。S6はすべて着色されてる

S6:ドイツの自動車メーカーのアウディが販売する自動車

 

Wipe down my guns, make sure it’s authentic

俺の銃を磨いてそれが本物だと確かめろ

 

Aw shit, head spinnin’, lead noodles

ヘッドが回転してる。鉛の麺

 

Monogram collar on the red poodle, Feds will do you filthy

レッドプードルの首輪のモノグラム。連邦政府はお前を汚す

 

Have you comin’ home seventy, some shit’ll ever be (Ah)

70で帰ってくるのか?ある種今までにないな

 

Bentley on Beverly (Skrrt), Palm Angel MAC that shoot heavenly (Brr, brr, brr)

ビバリーヒルズでベントレー、天を射る天使のてのひらのマック

 

Drop kick the brick and hit the Pedigree (Hit the Pedigree, ah)

ブリックにドロップキックして血筋を撃つ

brick:レンガのようなコカインのかたまり

 

Ayo, bodies on the nine, Murakami with the rhyme (Boom, boom, boom, boom, boom)

体に9ミリ、韻を踏む村上

nine:9ミリ口径の銃

Murakami:村上春樹

 

My shooter rockin’ red Muslim garms ’cause he Slime (Ah)

俺のシューターは赤いムスリムを着たスライム

 

Find another vein, he’ll be fine, we divine (Ah)

別の静脈を見つける。彼は大丈夫だろう。俺たちは神聖だ

 

Skeleton wrist, what a time, what a time (Ah)

透けた手首。何時?何時?

skeleton:骨

 

My nigga got caught with dog food, got a dime (Got a dime)

仲間はドッグフードで捕まってダイムを得た

dog food:ヘロイン

dime:(1)10セント硬貨 (2)10ドルの価値のマリファナや薬物 (3)1~10でランクをつけて10に値する美人やイケメン

 

Didn’t drop a dime on the surf, I’ma shine (I’ma shine)

サーフィンでは一銭も落とさなかった。俺は輝くよ

 

We mobbin’ on the yard, one was nine, where was Shine? (Where was Shine?)

俺たちはシマで群れてた。一人は9歳だった。輝きはどこにあった?

 

I’m Sly Green in his prime (Ah)

俺は全盛期のスライグリーンだ

Sly Green:殺人、誘拐、恐喝、陰謀など数多くの犯罪をおかす集団のリーダー

[Verse 2: Black Thought]

Ayo, King Musa, key to what, the Mali gold

キングムーサ、何かの鍵、マリの金

King Musa:マンサ・ムーサ マリ帝国の9代目の王でメッカ巡礼の帰途、立ち寄ったマムルーク朝治下のカイロで、金相場を下落させるほど大量の金を惜しみなく分け与えた。

 

Hire y’all to hold and keep cleaner than the [?] soul

魂よりも清らかでいるために雇う

 

Mean and never highly questionable like Bomani Jones

巧みにそしてボマニジョーンズのように高い疑念は抱かない

Bomani Jones:スポーツジャーナリストで”Dan Le Batard Is Highly Questionable”というTVショーに出演していた。

 

The silent plot, the angel investor nobody knows

沈黙の陰謀、誰も知らない天使の投資家

 

His clothes smellin’ like [?] and Somali rose

彼の服からはソマリのバラのようなにおいがする

 

Them fiends histamines keep ’em with a snotty nose (Damn)

悪魔のヒスタミンのせいであいつら鼻水が出続けてる

 

What a waste like the place where that shotty goes

銃口が向かう先のように無駄なもの

shotty:(1)大麻吸引用のボング (2)ショットガンの略 (3)車の助手席

 

They’ll prolly doze in the corner, tell ’em “Adios”

角で居眠りしてるんだろうな、アディオスって言っとけ

prolly:probably(おそらく)の別表記

 

Heron could cop a fake rhyme, but he pushin’ neon

ヘロインはフェイクライムを盗ることができるが、やつはネオンを売ってる

Heron:ヘロイン

cop:(1)警察 (2)盗む

 

This coke’ll knock the face off the Sphinx like ‘Leon

このコークはレオンみたくスフィンクスの顔をぶん殴るだろう

Sphinx:スフィンクスの鼻は削れてしまっている

Leon:Leon Spinks(レオンスピンクス)モハメドアリを倒して史上最速でヘビー級王者に上りつめた選手

 

He just an unassumin’ normal human, never beyond

あいつはただの気取らない普通の人間で、その先にはいない

 

What seem to be his means, he ain’t tryna do it eon

あいつの手段のように見えるが、あいつは永遠にやろうとしない

 

I see him when he park up, he rarely ever talk up

あいつが駐車する時を見るが、あいつはめったに話をしてない

 

The elevator broke, he in a four-story walk up

エレベーターが壊れているから4階建ての階段を上る

 

West Indian Archie memory, he ain’t even spark up

西インド人のアーチーの記憶、彼は火花を散らすことさえできない

 

He pull the plug on every enemy that try to mark up

彼はマークしてる全ての敵の仲介人を引こうとしてる

plug:取引の仲介、紹介人、麻薬の取引を繋ぐ人物、麻薬自体の事も指す

 

The price point, homie on his kingpin for life joint

価格帯はジョイントライフの中心人物である仲間

 

Big Darby, private island, just him and his wife joint

ビッグダービー、プライベートアイランド、彼と妻だけのジョイント

 

Word, he only visit via charter, still beg, borrow, and barter

彼はチャーター便でしか訪れない。まだ物乞いして、借りて、そして売る

 

Son, we gotta move smarter like a Carter

息子よ。カーターのようにスマートに動くんだ

 

And stand in purple rain like Prince and Apollonia

そしてプリンスやアポロニアのようにパープルレインに立つんだ

purple rain:プリンスの代表曲。退屈で落ち着きのない感じ。感情的な責任から逃れるために旅をしたいという欲求。

 

Playin’ like Chillean seabass in Patagonia

パタゴニアでチリアンシーバスのように遊ぶ

 

It’s only a few who could see past the average homie

凡人を見破れたのはごくわずかの人間だ

 

Or the reason for the sneezin’, be glad we got pneumonia, kid

くしゃみが原因で、俺たちが肺炎になってよかったな、小僧

 

On some cleaner than ammonia shit

アンモニアよりはクリーンだ

 

曲中に使われているスラング

Half and half durags:下記のようなドゥーラグ。ドラッグとかけている。

soap opera:昼ドラ、連ドラ

S6:ドイツの自動車メーカーのアウディが販売する自動車

brick:レンガのようなコカインのかたまり

nine:9ミリ口径の銃

Murakami:村上春樹?

skeleton:骨

dog food:ヘロイン

dime:(1)10セント硬貨 (2)10ドルの価値のマリファナや薬物 (3)1~10でランクをつけて10に値する美人やイケメン

Sly Green:殺人、誘拐、恐喝、陰謀など数多くの犯罪をおかす集団のリーダー

King Musa:マンサ・ムーサ マリ帝国の9代目の王でメッカ巡礼の帰途、立ち寄ったマムルーク朝治下のカイロで、金相場を下落させるほど大量の金を惜しみなく分け与えた。

Bomani Jones:スポーツジャーナリストで”Dan Le Batard Is Highly Questionable”というTVショーに出演していた。

shotty:(1)大麻吸引用のボング (2)ショットガンの略 (3)車の助手席

prolly:probably(おそらく)の別表記

Heron:ヘロイン

cop:(1)警察 (2)盗む

Sphinx:スフィンクスの鼻は削れてしまっている

Leon:Leon Spinks(レオンスピンクス)モハメドアリを倒して史上最速でヘビー級王者に上りつめた選手

plug:取引の仲介、紹介人、麻薬の取引を繋ぐ人物、麻薬自体の事も指す

purple rain:プリンスの代表曲。退屈で落ち着きのない感じ。感情的な責任から逃れるために旅をしたいという欲求。

クレジット

Written ByBeat Butcha, Daringer, Black Thought & Westside Gunn
Recording EngineerYoung Guru
Mastering EngineerYoung Guru
Mixing EngineerYoung Guru
LabelGriselda, Interscope Records & Shady Records
Release DateOctober 2, 2020

Westside Gunnの楽曲和訳一覧はこちら

Black Thoughtの楽曲和訳一覧はこちら