【和訳】FRANCHISE|Travis Scott featuring Young Thug & M.I.A.

2020年9月25日にトラヴィススコットのニューシングル”FRANCHISE(フランチャイズ)”がニューリリース。

Young Thug(ヤングサグ)とイギリスのM.I.A(エムアイエー)をフィーチャーした楽曲で、トラヴィスといえば最近マクドナルドとのコラボが注目を浴びていたところ。(アメリカではマクドナルドのようなチェーン店の個別店舗は”フランチャイズ”とされている)

この曲はマクドナルドを連想させながら、Dem Franchize Boyz(デムフランチャイズボーイズ)の2004年のシングル “White Tee(ホワイトティー)”にオマージュを受けているとのこと。フックの「Yup, in my white tee」から続く韻がキャッチーで口ずさみやすい。

トラヴィスが新しく展開するブランド「Cacti(カクタイ)」についても楽曲の中で触れられていて、ミュージックビデオにもそのロゴのスニーカーボックスや缶が登場している。

Wミーニングや映画、楽曲からの引用も多く、リリック注釈サイトのGeniusにもリリース初日からすでに解説が多く投稿されていた。

この楽曲が意味するものとは。

Travis Scottの楽曲和訳一覧はこちら

FRANCHISE|Travis Scott featuring Young Thug & M.I.A. のリリック和訳

[Intro: Travis Scott]

Yeah
Yeah-yeah, yeah
Mmm-hmm, mmm-hmm
Mmm-hmm, mmm-hmm

 

[Chorus: Travis Scott & Young Thug]

Yup, in my white tee

うん、白いTシャツ着て

 

Yeah, call up Hype Williams for the hype, please

ハイプ・ウィリアムズをよんでくれ

Hype Williams:Jay-Zやビヨンセなどのビデオも手掛けるディレクター。Travisの”90210″のビデオも手掛けた。

 

Uh, they gon’ wipe you, before you wipe me

お前が俺を消す前に消してやる

wipe:墜落したり落下したりすること。

 

Unboxing my checks, not my Nikes (Yeah)

小切手の箱を開ける ナイキじゃないぜ

 

[Verse 1: Travis Scott & M.I.A.]

Cacti’s, not no iced tea (Ah)

カクタイはアイスティーじゃねぇ

Cacti:Travis Scottのニューブランド

 

Uh, got ‘em bamboozled like I’m Spike Lee (Ah)

スパイク・リーみたいに騙されたんだ

bamboozled like I’m Spike Lee:bamboozleはスパイクリーが制作したアフリカ系アメリカ人の風刺コメディのタイトル

 

Uh, you need more than Google just to find me (Ah)

俺を見つけるにはGoogleを超えるものが必要だぜ

 

Uh, I just call her “bae” to get her hyphy (Ah, ooh)

彼女をハイフィーにするために「ベイ」って呼んでる

hyphy:ベイエリアの音楽ムーブメント。E-40やKeak da Sneakなど

bae:彼女の呼び方

 

Incredible, i-i-i-in general

信じられない。世間一般的に

 

I just start the label just to sign me (Woo, woo, woo)

自分と契約するためにレーベルを始めるぜ

 

Uh, me and CHASE connected like we Siamese (Woo, woo, woo, ooh, ooh)

俺とチェイスはシャムみたいに繋がってるんだ

CHASE:DJ Chase B

Siamese:Conjoined twinsという体がつながった双子の事

 

We’ve been on the run, feel like a crime spree, talk to me nicely (Yeah)

俺たちは逃亡中にバカ騒ぎする犯罪者みたいだ。うまいこと話しかけてくれ

 

(I seen his face, seen it) Yup, on his white tee, uh (Let’s go)

(あいつの顔を見た)うん、あいつの白いTシャツに、あー

 

[Verse 2: Young Thug]

Yeah, yup, call the Sprite people (Call ‘em, hol’ on, brrt)

そう、うん、スプライト族を呼べ(電話して待ってろ)

 

Private flight to France, tryna sight-see (On private flights, brrat)

プライベートジェットでフランスまで観光しにいくぜ

 

Popped ‘em in his hands, he was typin’ (Da, da, da)

あいつが持ってるやつをポップした。あいつは打ち込んでた

pop:銃を撃つ、ドラックを使う、はじく

 

Caterpillar ‘Rari, I fold it, lift it up (Up)

フェラーリのキャタピラ、折りたたんで持ち上げる

Rari:フェラーリの略

 

I went on the stand, told the judge to pass my cup (Ayy)

証人台に立って、裁判官にカップを渡すように言った

 

Ran up twenty million, told the Devil, “Keep the luck” (Luck)

2千万かせいで悪魔に言った「この幸運を守れ」

 

Keep that, keep that ho (Uh-uh)

続けろ、続けろ

 

RIP Pop, keep the smoke (Ayy, slatt)

Pop Smoke、安らかに

 

Talk to me nicely (Talk to me nicely)

うまいこと話しかけてくれ

 

Keep her on the chain, that ain’t like me (That ain’t like me)

あのこを鎖につないでおけよ。俺の真似はするな

 

Scotts with no strings, you can’t tie me (Scotts with the, hol’ on, bitch)

スコッツにはストリングス(ひも)がないから俺を縛ることはできない(スコッツには、待てよビッチ)

Scotts:トラビススコットとキッドカディのユニット

 

I’m higher than the plane, I’m where the Skypes be (Doo, doo, doo, doo, hee)

飛行機よりも高くてスカイプがあるところにいる

 

Yeah, yep, in my slime tee (Doo, doo, doo, hee)

そう、うん、俺のスライムT

 

Princey in his prime, yee (Doo, doo, doo, doo, doo, hee)

全盛期のプリンス

 

Yellowbone too feisty, yee (Doo, doo, doo, doo, doo, hee)

イエローボーンは気が強すぎ

Yellowbone:肌の色が薄い黒人女性

 

Clean him up, no napkin, yee (Doo)

あいつを掃除しろ、ナプキンなしで

 

[Chorus: Travis Scott & Young Thug]

Yup, in my white tee (Yeah)

うん、白いTシャツで

 

Yeah, call up Hype Williams for the hype, please (It’s lit)

ハイプ・ウィリアムズをよんでくれ

 

Uh, they gon’ wipe you, before you wipe me (Phew)

お前が俺を消す前に消してやる

 

Unboxing my checks, not my Nikes (Ooh, yeah)

小切手の箱を開ける ナイキじゃないぜ

 

[Verse 3: M.I.A., Travis Scott, Sheck Wes & Young Thug]

‘Scuse me, zi-zi-zi-zi-zi-zi-zi-zi, don’t be missin’, man

はい失礼、見逃すな

 

Mississippi, dip a sippy, make ‘em happy, make ‘em copy

ミシシッピ、シッピー漬け、喜ばせて真似させる

sippy:ミシシッピのこと、もしくは確かではないがコデインの事を指している?

 

Make ‘em get me Chippi Chippi (Yeah), there’s a lot I’m gon’ spend

あたしをチッピーチッピーにさせて(ああ)、使いこめるほどある

Chippi Chippi:大麻を吸うために怒ってその場を離れる状態のこと。Sheck Wesが作った造語。

 

Tell me when, I beam you to pull up, you gon’ shootout while I spin

いつになるか教えろ。お前を連れてく。俺がスピンしてる間にお前はドンパチやるんだろ

 

Trippin’ like I’m trigger happy; saltfish, ackee, ackee

トリガーみたいな感じでハッピーにトリップする。ソルトフィッシュ、アッキーアッキー

 

Golf buggy, Kawasaki; catch a fish: sushi, maki, livin’ life

ゴルフバギー、カワサキ、釣り。寿司、巻きずし、生活

 

London city, left the town (Ah)

ロンドンシティ、街を去る

 

Thug and Travis be the fam, yup, yeah, you know that (Slatt)

サグとトラビスはファミリー。うん、そう、知ってるっしょ

 

And when they free us out, it’s gonna be a film, a Kodak (Yeah)

んで解放されたらフィルムになる。コダックみたいに(ああ)

Kodak:写真のコダックと刑務所にいるKodak Blackのダブルミーニングの可能性あり

 

Shoot me pourin’ right above the rim like Pollack

ポラックみたいにリムに右腕を突っ込む俺を撮れ

above the rim:アメリカのバスケ映画。2パックも出てる。リムはバスケのリング

Pollack:Jeff Pollack。Above the Rimの監督

 

I’ve been rippin’ and runnin’, not slippin’ or slidin’, athletic tendencies

リップして走ってきた。スリップしたりスライディングはしてない。運動音痴

 

I’ve been up since, cheffin’ it, whippin’ it to the base rock, I provide the remedy (Let’s go)

上りっぱなしだ。シェフって、ブツをホイップして、治療を提供してるんだ(レッツゴー)

 

When we open gates up at Utopia (It’s lit), it’s like Zootopia

ズートピアみたいなユートピアへの扉を開けた時以来

 

You see the crosses over ya (Yeah), that’s how you know it’s us

お前の上に十字架を見ている。(ああ)そうやって俺たちの事を知る

 

At 4 A.M. I’m phonin’ ya’, not for no shoulder rub

朝4時にお前に電話してる。肩もみのためじゃねぇな

 

Them JACKBOYS open cleaners up, the way they fold and tuck

JACKBOYSはクリーナーを開けて折って押し込む

fold and tuck:朝勃ちを隠すためにパンツにぴったり収めること

 

[Chorus: Travis Scott]

Yup, in my white tee (Yeah)

うん、白いTシャツで

 

Yeah, call up Hype Williams for the hype, please

ハイプ・ウィリアムズをよんでくれ

 

Yeah, they gon’ wipe you, before you wipe me

お前が俺をワイプする前にワイプしてやる

 

Yeah, unboxing my checks, not my…

小切手の箱を開ける ナイキじゃないぜ 俺の、、、

 

Checks, not my…

小切手 俺の、、、

 

[Outro: M.I.A.]

I-I be where the fuck the light be

光のあるファックな場所にいる

 

Bangers in the system, it’s

システム上のヒット曲、それは

Bangers:ヒットした素晴らしいもの、クラシック

 

Bangers in the system, it’s

システム上のヒット曲、それは

 

Ancient Anunnaki

古代アヌンナキ

Anunnaki:シュメールおよびアッカドの神話に関係する神々の集団

 

Bangers in the system, it’s that

システム上のヒット曲、それは

 

Bangers in the system, it’s that

システム上のヒット曲、それは

 

M.I.A.​

 

曲中に使われているスラング

Hype Williams:Jay-Zやビヨンセなどのビデオも手掛けるディレクター。Travisの”90210″のビデオも手掛けた。

wipe:墜落したり落下したりすること。

Cacti:Travis Scottのニューブランド

bamboozled like I’m Spike Lee:bamboozleはスパイクリーが制作したアフリカ系アメリカ人の風刺コメディのタイトル

hyphy:ベイエリアの音楽ムーブメント。E-40やKeak da Sneakなど

bae:彼女の呼び方

CHASE:DJ Chase B

Siamese:Conjoined twinsという体がつながった双子の事

pop:銃を撃つ、ドラックを使う、はじく

Rari:フェラーリの略

Scotts:トラビススコットとキッドカディのユニット

Yellowbone:肌の色が薄い黒人女性

sippy:ミシシッピのこと

Chippi Chippi:大麻を吸うために怒ってその場を離れる状態のこと。Sheck Wesが作った造語。

Kodak:写真のコダックと刑務所にいるKodak Blackのダブルミーニングの可能性あり

above the rim:アメリカのバスケ映画。2パックも出てる。リムはバスケのリング

Pollack:Jeff Pollack。Above the Rimの監督

fold and tuck:朝勃ちを隠すためにパンツにぴったり収めること

Bangers:ヒットした素晴らしいもの、クラシック

Anunnaki:シュメールおよびアッカドの神話に関係する神々の集団

クレジット

作詞Parlae (Dem Franchize Boyz), Jizzal Man, Pimpin, Buddie, Teddy Walton, CHASE B, M.I.A., Young Thug & Travis Scott
ビデオディレクターTravis Scott
撮影技師Tyler Ross (Director) & Jordan Hemingway
ビデオプロデューサーRandy Donaldson, Kevin Schieder & Ella Giardot
撮影監督Minka Farthing Kohl
映像編集Tyler Ross (Director)
著作権Travis Scott, Cactus Jack Records & Epic Records
著作権(写真)Epic Records & Cactus Jack Records
代理店Sony Music Entertainment
レーベルCactus Jack Records & Epic Records
ミキシングエンジニアTravis Scott & MIKE DEAN
マスタリングエンジニアMIKE DEAN
アシスタントエンジニアSean Solymar
レコーディングエンジニアTravis Scott, Joey Genetti & A Bainz
アディショナルヴォーカルSheck Wes
アートワークGeorge Condo
リリース日September 25, 2020

 

Young Thugの楽曲和訳一覧

M.I.Aの楽曲和訳一覧