【リリック和訳・解説】CLOUT COBAIN|Denzel Curry

2018年7月11日にDenzel Curryが出したアルバム「TA13OO」に収録されている「CLOUT COBAIN」のリリック原文とその和訳を紹介します。曲中に使われているスラングもまとめています。

Music Videoも発表されているので、和訳を読んでから見るとリリックと一致する内容でおもしろいですよ。

CLOUT COBAIN – Denzel Curryのリリック・和訳

[Pre-Chorus]

I just wanna feel myself, you want me to kill myself

俺はただ気持ちよくなりたいだけだ。お前たちは自殺してほしいと思ってるんだろ。

 

Man, I been on my own, Lord, I’ma need some help

なぁ、俺は独りだった。主よ、助けてください。

 

I just wanna feel myself, you want me to kill myself

俺はただ気持ちよくなりたいだけだ。お前たちは自殺してほしいと思ってるんだろ。

 

Man, it’s been so damn long, dealing with the things I’ve felt

なぁ、感情を整理するのにクソほど時間がかかった。

 

[Chorus]

Suicidal doors, call it Kurt Cobai-ain

カートコバーンと呼ばれるスーサイダルドア

 

Suwoo leather seats, like a bloody stai-ain

血痕のような真っ赤なレザーシート

 

I need hella bass, I need hella pai-ain

俺にはクラックが必要、痛みが必要

 

You gon’ wanna cry, I’ma make it rai-ain

お前が泣きたくても、俺は金をつくる

 

Suicidal doors, call it Kurt Cobai-ain

カートコバーンと呼ばれるスーサイダルドア

 

Suwoo leather seats, like a bloody stai-ain

血痕のような真っ赤なレザーシート

 

I need hella bass, I need hella pai-ain

俺にはクラックが必要、痛みが必要

 

You gon’ wanna cry, I’ma make it rai-ain

お前が泣きたくても、俺は金をつくる

 

[Verse 1]

I don’t even know what to feel, they don’t even know what’s real

俺は何を感じればいいんだ、やつらは何がリアルかもわからないのに。

 

Dry tears with a dollar bill, I’m out tryna make a mill’, oh

札束の乾いた涙、俺はミリオンをつくるのはやめにする。

 

Why you wanna take my soul? I’m yelling out “hell no!”

なぜお前は魂を奪おうとするんだ。俺は叫ぶ「お断りだ!」

 

I can’t even trust my friends, most of them might be foes

友達ですら信じられない。やつらのほとんどが敵かもしれない。

 

Watch these hoes when they say they want a lot of me

女が俺から多くを求めてきたら、そいつらを見張っておけ

 

I don’t know who’s the one that wanna plot on me

誰が俺を嵌めようとしているのかわからない

 

I stay low so my demons don’t acknowledge me

俺がうずくまっているから俺の中の悪魔は俺を認めない

 

When I go, I know death don’t do apologies

俺が死んでもそれがつぐないにはならないとわかってる

 

[Pre-Chorus]

I just wanna feel myself, you want me to kill myself

俺はただ気持ちよくなりたいだけだ。お前たちは自殺してほしいと思ってるんだろ。

 

Man, I been on my own, Lord, I’ma need some help

なぁ、俺は独りだった。主よ、助けてください。

 

I just wanna feel myself, you want me to kill myself

俺はただ気持ちよくなりたいだけだ。お前たちは自殺してほしいと思ってるんだろ。

 

Man, it’s been so damn long, dealing with the things I’ve felt (Ayy)

なぁ、感情を整理するのにクソほど時間がかかったよ。

 

[Chorus]

Suicidal doors, call it Kurt Cobai-ain

カートコバーンと呼ばれるスーサイダルドア

 

Suwoo leather seats, like a bloody stai-ain

血痕のような真っ赤なレザーシート

 

I need hella bass, I need hella pai-ain

俺にはクラックが必要、痛みが必要

 

You gon’ wanna cry, I’ma make it rai-ain

お前が泣きたくても、俺は金をつくる

 

Suicidal doors, call it Kurt Cobai-ain

カートコバーンと呼ばれるスーサイダルドア

 

Suwoo leather seats, like a bloody stai-ain

血痕のような真っ赤なレザーシート

 

I need hella bass, I need hella pai-ain

俺にはクラックが必要、痛みが必要

 

You gon’ wanna cry, I’ma make it rai-ain

お前が泣きたくても、俺は金をつくる

 

[Verse 2]

Know when it rains, it pours

いつ雨が降るか知ってる、それを注ぐ

 

They wanna go to war

やつらは戦争に行きたい

 

For things that they can’t afford

奴らが与えられないもののために

 

I gotta grab the sword, preach

俺は剣を握るんだ、、、説教だ

 

I gotta thank the Lord, I gotta go record (heat)

主に感謝を!RECするぜ

 

I wanna be fly to soar ‘cause niggas be trying to floor me

ニガーが俺を地に伏せようとするから、俺は空を飛びたいんだ

 

People be thinkin’ that I won the lottery

人々は俺が宝くじにでも当たったかと思っている

 

So paranoid, I don’t know who be plotting on me

そう、被害妄想だ。俺を嵌めようとしてるのは誰だ

 

Out of nowhere try to fight you

お前を出し抜いてやる

 

I’m feeling like Raichu ‘cause everything shocking to me

俺にとっては全てがショッキングでライチューみたいだ

 

Gotta beware of the wicked, the time will be ticking

その邪悪さに気をつけるべきだ。時間は刻々と過ぎていく。

 

Them niggas still clocking on me

ニガー達はまだ俺を侮辱している

 

Lord is my witness, I handle my business

神が証人だ。ハンドルをきるのは俺だ

 

You niggas ain’t never ball blocking on me

ニガー、お前が俺のボールを防ぐことはない

 

[Pre-Chorus]

I just wanna feel myself, you want me to kill myself

俺はただ気持ちよくなりたいだけだ。お前は自殺してほしいと思ってるんだろ。

 

Man, I been on my own, Lord, I’ma need some help

なぁ、俺は独りだった。主よ、助けてください。

 

I just wanna feel myself, you want me to kill myself

俺はただ気持ちよくなりたいだけだ。お前は自殺してほしいと思ってるんだろ。

 

Man, it’s been so damn long, dealing with the things I’ve felt

なぁ、感情を整理するのにクソほど時間がかかったよ。

 

[Chorus]

Suicidal doors, call it Kurt Cobai-ain

カートコバーンと呼ばれるスーサイダルドア

 

Suwoo leather seats, like a bloody stai-ain

血痕のような真っ赤なレザーシート

 

I need hella bass, I need hella pai-ain

俺にはクラックが必要、痛みが必要

 

You gon’ wanna cry, I’ma make it rai-ain

お前が泣きたくても、俺は金をつくる

 

Suicidal doors, call it Kurt Cobai-ain

カートコバーンと呼ばれるスーサイダルドア

 

Suwoo leather seats, like a bloody stai-ain

血痕のような真っ赤なレザーシート

 

I need hella bass, I need hella pai-ain

俺にはクラックが必要、痛みが必要

 

You gon’ wanna cry, I’ma make it rai-ain

お前が泣きたくても、俺は金をつくる

 

[Outro]

Clout Cobain, yeah

Clout Cobain, yeah

Clout Coba-a-a-ain

※原文はhttps://genius.com/より引用

曲中に使われているスラング

Suicidal doors:後方にヒンジ接続されている車のドア

Kurt Cobain:ニルバーナのリードボーカルで1994年27歳の時に銃で頭を撃ち自殺(Suicidal)をした

Suwoo:Bloods(赤のギャング)のメンバーであることを証明するための掛け声、挨拶。ここではBloodsのテーマカラーの赤を表現するためにデンゼルは使っている。

bass:クラックのこと

make it rain:金を作る、金にする

mill’:ミリオンの略

foes:敵

hoes:アバズレ、セフレなどの女性を表現する言葉。最近はbitchよりもこちらが使われることが多い。

感想

Denzelの歌詞の訳をこの曲から始めたんですが、この曲で一気にDenzelの言葉を操るセンスに引き込まれました。

メタファーが多く、考察しがいのある曲で、アメリカの歌詞注釈サイトのgenius.comを見てみるとほとんどのラインに注釈が入っています。

コーラスの1ライン目

Suicidal doors, call it Kurt Cobain

スーサイダルドアとは前述のとおり後方にヒンジがついていて、前方から開くような形状の車のドアのことですが、ご存じの通りsuicidalという単語は「自殺」という意味となり、そのあとのラインでは、自殺をしたアーティストのカートコバーンの名を出し、

「カートコバーンと呼ばれるスーサイダルドア」という訳になるわけですが、直訳すると

「カードコバーンと呼ばれる自殺の扉」となるわけです。

このラインについてsuicidal door = suicidal thoughts(自殺の考え)と解釈を示したtweetに対し、デンゼルは”door”と答えているのでここは素直に扉のことだととらえてみます。

私はdoor = entrance(入口)の表現かなとは思ったんですが、、、「カートコバーンから続く自殺の連鎖」みたいな。深読みですかね?答えは私にはわかりませんし、無いのかもしれません。

Suwoo leather seats, like a bloody stain

血痕のような真っ赤な(車の)レザーシート

と訳させてもらいましたが、Suwooで赤を表現して、前のラインの頭をSuでそろえているのがこのコーラスのお気に入りです。聞き心地がすごくいい。

ところで、レザーシートの赤い色を「血痕みたいな」って、すごいバイオレンスな表現ですよね。

歌いだし、プレコーラスでは

I just wanna feel my self, you want me to kill myself

と歌っていますが、これは最近の若いラッパーがドラッグが原因で亡くなってしまうニュースに対し世の中が動揺し話題にしゴシップのように扱う流れに、自分へもその期待(心配?)が向けられていることに対して「俺は気持ちよくなりたいだけ(死ぬつもりはない)」と意見しているように見えます。

ただ、そこに続くヴァースには明らかに情緒が不安定で勘ぐりまくってる様子が書かれていますし、もう、感情がどうにかなっちゃってますねこの曲の上では。

デンゼルが自分のことを歌っている曲ではなく、デンゼルの「ような」スターたちが抱えている闇を表現した曲なのだと私は感じました。

また、この曲のMusic Videoはストーリー性があってすごく面白いです。

短くまとめますと、

舞台はサーカス、ピエロに扮するデンゼルの登場(無理に晒されてる感じ)、デンゼルが踊るが無関心な客、その裏では客にドラッグを飲ませるホットドッグ屋さん、銃を取り出すデンゼル、真に受けず嘲笑する客、最後にデンゼルが自らのこめかみに銃を充てると大盛り上がりする客。そして発砲、、、客の歓声。

といった作りになっていて、この曲をすごくうまく表現してくれているビデオだと思いました。

このビデオがあったから翻訳しやすかった。

あと、曲自体がスラングにスラングを重ねないというか、特にヴァースの部分は感情の羅列になっていて、そんなに回りくどくない表現をしているようでした。

この曲は、コーラスとプレコーラスにすごく引き込まれました。

Denzel Curry和訳一覧