【和訳】$500 Ounces (feat. Roc Marciano & Freddie Gibbs)|Westside Gunn

Westside Gunnのスタジオアルバム”Pray for Paris”から”$500 Ounces”の和訳をしました。

”Pray for Paris”のそのほかの曲も和訳しています。まだの方は下記からぜひ飛んでください。

$500 Ounces (feat. Roc Marciano & Freddie Gibbs)|Westside Gunnのリリック和訳

[Intro: Freddie Gibbs]

Yeah, yeah, Kane train

Uh, mic check, check

Yeah, mic check, check

Uh, yeah, yeah, mic check, check

Yeah, uh, uh, mic check, check

Yeah, uh, nigga, check, check

Yeah, yeah, yeah

 

[Verse 1: Freddie Gibbs]

It’s been a long time since I tasted

ご無沙汰してたな

It’s been a long time:ご無沙汰してます、お久しぶりです。

 

Workin’ that hot plate, cookin’ in my homeboy basement

ホットプレートで仕事だ 仲間の地下室でクックしてる

homeboy:homie 地元の仲間、親友

 

And Lambo knocked the coke off the table, that nigga waste it

ランボがテーブルでコークをぶちまけて無駄にしちまった

Lambo=Ben “Lambo” Lambert ギブスのマネージャー

 

I showed him the new straps, the AK with the green laser (Bing, bing, bing)

そいつに新しいストラップ、AKのグリーンレザーを見せた

AK:AK47(銃)

 

I’m on some street shit, my baby mama tweet shit to stir up my haters

俺はストリートの曲に乗る ママは俺のヘイターを煽るようなツイートをする

stir up:刺激する、煽動する

 

I’m like, “Why she wanna stick me for my paper?”

俺は「なんで彼女は金のために俺を刺したいんだ?」って感じだ

“Why she wanna stick me for my paper?”=The Notorious B.I.G.”Warning”からの引用 ”Damn, niggas wanna stick me for my paper” paperは紙幣のこと

 

But fuck it, that’s life, it’s what you make it, one day you gon’ meet your maker

だがどうだっていい これが人生だ 金は自分で稼ぐものだ いつかあんたはあんたのメーカーに会うだろ

fuck it:やってられっか、どうにでもなれ など開き直る時に使う。

 

Kobe died, I swear a nigga might cry when I watch the Lakers, damn

コービーはしんだ レイカーズを観た時は、黒人は泣いてもいいんだ クソッ

 

All our mamas would watch us, boy, we was neighbors

母親達はみんな俺たちを見守るだろう ボーイ、俺たちは同胞だった

 

But how you look a nigga mom in the face when you shot her baby? (Bow)

でもお前が赤ん坊を撃つとき、お前にその母の顔はどう見える?

 

I got skeletons in my closet, right next to Balenciaga

俺はクローゼットの中に骸骨をしまった バレンシアガのすぐ隣に

skeletons in my closet:恥ずかしいもしくは良くない秘密を持っていることを示唆するフレーズ

 

Call me Fred DiBiase, garage is a million dollars, my nogga

俺のことはフレッド・デビアスって呼んでくれよな ガレージは100万ドル

DiBiase:テッド・デビアス プロレスラーで「ミリオンダラーマン」の呼び名を持つ nogga:非中傷的なnigga 誰相手にも使えるそう

 

Yeah, it’s just the way that God be plannin’ shit

ああ、これはただ神の計画のうちだ

 

I drop a load, I take a load off, that’s load management

荷を下ろし、負荷を無くす それがマネジメントだ

 

And last lap, I dropped the ho off and bagged a Spanish bitch

そして最後は オンナを降ろしてスペイン人を袋詰めにした

ho:オンナ、ヤリマン、ビッチ、セフレ

 

Pulled out the dick, she snort the coke off, I’m livin’ lavishly

アソコを出して 女はコークを鼻からイって 俺は贅沢に生きてるぜ

 

[Interlude: Freddie Gibbs & Roc Marciano]

Yeah, Kane, huh

Kane:容姿がとてもよく、ハンサムな男。イケメン

 

Bitch nigga, you know what it is, baby, yeah

クソ野郎、これが何かわかるかベイビー

 

Told you from the go

出先からお前に言っただろ

 

Told you from the get go

ハナから言っただろ

from the get go:最初から

 

You ain’t gotta go home, but you gotta go

家に帰る必要はない 行け

 

[Verse 2: Roc Marciano & Westside Gunn]

Uh, ain’t no Ls on my jacket

俺のジャケットにLはねぇ

L:leargeサイズのジョイント

 

The MAC-11 hit your melon and crack it (Crack it)

マック11がお前のメロンを撃ってカチ割る(カチ割る)

melon:頭、頭蓋骨、脳

 

Ain’t no pads for that in that medicine cabinet (No)

薬箱にはそれ用の絆創膏はないぜ(ないな)

 

Can’t mess with whatever’s in that gelatin tablet (Fuck that)

あのゼラチンタブレットには少しも手を出せない(やめとけ)

mess with:手を出す

 

Ten metal fragments can flip your skeleton backwards (Flip ‘em)

10個の金属片がお前の骨格を前後ろ逆にする(はじきおとせ)

 

All you seen after that was blackness (Mm)

その後お前が見たのは暗闇だ

 

This ain’t no backpack shit, he slangs half a brick

これはバックパックシットじゃねぇ あいつはブリックを半分売ってる

backpack:アンダーグランドヒップホップ slang:売る(主にドラッグ) brick:コカ●ンのレンガのような塊

 

Bitch, you need to ease back a bit, the trench has cactus pins (Ow)

おい、おまえはちょっと戻って休んだほうがいい その溝にはサボテンの針がある(イテッ)

Ow:痛ッ(痛みを表す間投詞)

 

The seats in the Benz Lenny Kravitz skin, don’t get your cabbage split (Tan shit)

レニークラヴィッツスキンのベンツの座席 お前の頭を割らせるな (ひっぱたいてやれ)

Lenny Kravitz:アメリカのミュージシャン、俳優 cabbage:頭 Tan:ひっぱたく

 

It don’t matter what establishment, we in it (We gettin’ shipped the fuck out)

どんな権威も関係ない 俺たちはそこにいる (目障りなものは追い出す)

fuck out:目障り

 

Always get the biggest chicken wing, you don’t get to eat on one onion ring

いつも一番デカイチキンウィングを手に入れてる お前はオニオンリングにさえありつけない

 

At least a hundred Jesus links underneath the mink

少なくとも100人のジーザスがミンクの下でリンクしてる

 

Yellow Bugatti look like a bumblebee

バンブルビーみたいな黄色のブガッティ

Bugatti:イタリアの自動車会社。スポーツカーなど製造している bumblebee:トランスフォーマーのキャラクター

 

Compressor on the front to muffle the heat

フロント部分のコンプレッサーで消音する

 

The submachine gun, it come with the beam amongst other things that’s unseen

サブマシンガンには 見えない場所にビームを備えてる

 

To run with me, you need sunscreen cream, see I’m covered in bling (Bling)

俺と一緒に走るには日焼け止めが必要だ 俺はブリンブリンに覆われてるから

 

Motherfucker, ain’t no shade, even under the trees where monkeys swing (Ah-ah-ah)

日よけはない サルがスイングする木の下でさえ

 

The marijuana money green, I’m runnin’ the company like a drug ring

深い緑のマリフ●ナ 俺は麻薬組織のように会社をまわしてる

drug ring:麻薬組織

 

Livin’ comfortably off of gut instinct

本能からそれた快適な暮らし

 

That fell upon me once I was done with the streets (Uh)

ストリートの仕事が終わった俺に舞い降りたんだ

 

You still scheme in public, P, let me bring you up to speed

お前はまだ大衆の中でたくらんでる P お前を加速してやるよ

P:(1)peper=紙幣 (2)pimp=マフィア

 

You get your wig spun like a tumbleweed in Belize, I get on the beat and bleed (Bleed)

ベリーズ産のタンブルウィードみたくお前の頭を回す 俺はビートに乗って血を流す

 

Sacrifice of livin’ and bein’ to please deities

生贄を捧げる そして神々を喜ばせるためにいる

 

Them were VVs, flood the big Nefertiti piece (Ayo)

それはVVであり、偉大なネフェルティティの欠片を浸水させた

VVs:(考察)Violate Virgin(処女を犯す、処女を破る)の略ではないかと思います

 

[Verse 3: Westside Gunn]

I had the rusty forty-five, I had the MAC, too (Boom, boom, boom, boom, boom, boom, boom, boom, boom, brr, I had the MAC too, brr)

錆びた45(カリバー)、マックも持ってる(マックも持ってるゼェ)

forty-five:銃 45口径カリバー MAC:銃 マック10もしくは11

 

You hang with a rat, you a rat, too (You’s a rat, too)

ラットをつるすお前もラットだ(お前はラット)

rat:=snitch 警察などに他人を売る行為

 

We used to chip in on the big, bag it up, that’s my rent

俺はよくでかい袋にチップを入れてまとめてた それが俺の家賃だ

 

You take a shift, I take a shift, the feds come, raise my kids

お前は変化する 俺は変化する 連邦政府が来て 俺のガキを育てる

 

Take my phone, keep the licks goin’, never bust a brick open (Ah)

俺の電話を取って 盗みを続けろ ブリックは開けるなよ

 

12-12 baggers was baggin’, flaggin’

12人の袋詰め屋が仕事をして旗を振っていた

12-12, baggers, bagginの意味が曖昧です。12にはDEA(麻薬捜査官)という意味があります。

 

Rick Owens over pots, hand me some ice, he left the fridge open

ポットを越えたリックオウエンスが俺にアイスを渡す 冷蔵庫を開けっぱなしにして

pots:マリフ●ナ ice:覚せ●剤 

 

I’m tryna see my kids grow up, y’all niggas’ ribs showin’

ガキが育つのを見ようとしてる お前ら全員の肋骨が見える

 

God made light, Dolce Gabbana on my A-like day and night (Day and night)

神が光を創った 昼と夜のような俺のドルチェ&ガッバーナ

 

My young niggas’ll take your life (Boom, boom, ah, boom, boom, boom, boom, boom)

若い仲間がお前の人生を奪う

 

East side niggas’ll never change (They’ll never change)

イーストサイドの黒人は決して変わらない

 

Brick come through and spill your brains (Brr, boom, boom, boom, boom, boom, boom, boom, brr)

レンガがお前の脳を振り落とす

Brick:通常の意味でレンガ、スラングだとレンガのような塊のコカイン

曲中に使われているスラング、言葉、表現

homeboy:homie 地元の仲間、親友

AK:AK47(銃)

stir up:刺激する、煽動する

“Why she wanna stick me for my paper?”=The Notorious B.I.G.”Warning”からの引用 ”Damn, niggas wanna stick me for my paper” paperは紙幣のこと

fuck it:やってられっか、どうにでもなれ など開き直る時に使う。

skeletons in my closet:恥ずかしいもしくは良くない秘密を持っていることを示唆するフレーズ

DiBiase:テッド・デビアス プロレスラーで「ミリオンダラーマン」の呼び名を持つ

nogga:非中傷的なnigga 誰相手にも使えるそう

ho:オンナ、ヤリマン、ビッチ、セフレ

Kane:容姿がとてもよく、ハンサムな男。イケメン

from the get go:最初から

L:leargeサイズのジョイント

melon:頭、頭蓋骨、脳

mess with:手を出す

backpack:アンダーグランドヒップホップ

slang:売る(主にドラッグ)

brick:コカ●ンのレンガのような塊

Ow:痛ッ(痛みを表す間投詞)

Lenny Kravitz:アメリカのミュージシャン、俳優

cabbage:頭

Tan:ひっぱたく

fuck out:目障り

Bugatti:イタリアの自動車会社。スポーツカーなど製造している

bumblebee:トランスフォーマーのキャラクター

drug ring:麻薬組織

P:(1)peper=紙幣 (2)pimp=マフィア

VVs:(考察)Violate Virgin(処女を犯す、処女を破る)の略ではないかと思います

forty-five:銃 45口径カリバー

MAC:銃 マック10もしくは11

rat:=snitch 警察などに他人を売る行為

pots:マリフ●ナ

ice:覚せ●剤

Brick:通常の意味でレンガ、スラングだとレンガのような塊のコカイン

Westside Gunn和訳一覧

Roc Marciano和訳一覧

Freddie Gibbs和訳一覧